業種による違い

スナックとは・・・

一般には女性がカウンター越しに接客する飲食店を指します。店の責任者は女性であることが多く、その女性は「ママ」と呼ばれる。深夜0時以降まで営業しているお店多いです。一般的に店の構えとしては小規模なところが多く、風営法上の取扱いは、深夜酒類提供飲食店営業(許可制)のお店です。
カウンター席のみで女性スタッフと差し向かいで飲む小さなお店や、大型店ではテーブルをソファーで囲んだボックス席を多数用意している店など様々です。お店によってはカラオケ設備が充実しているお店もあります。

パブとは・・・

「大衆的な洋風の酒場」です。イギリスのように一杯売りの立ち飲みスタイルもパブといいますが、ショーパブ、フィリピンパブのように、大箱(仕切りが無く、店中見渡せる広い店舗。ステージがあったりする)のお店のことを日本ではだいたい指すようです。 パブも比較的低料金では有りますが、チャージ+ボトルキープのところもあれば、一定時間飲み放題いくら、という店もあります。

ラウンジとは・・・

本来は「ホテル・クラブなど社交室」という意味。しかし、クラブとスナックの中間、という感が強いです。「カウンター主体のクラブ」や「飲食の割合が低い高級スナック」のような感じです。風俗免許をとっているかは、その店次第です。 ラウンジは、「クラブ」形式のお店と、「スナック」形式のお店とあります。よって、比較的安い「クラブ」の料金システムのお店と、比較的高い「スナック」の料金システムのお店とあります。

ミニクラブとは・・・

最近 流行の時間制・先払いのクラブです。「キャバクラ(キャバレーとクラブの中間との意味)」とも呼ばれています。比較的若くて素人っぽい女性と明朗会計の安心感から人気がでています。 前払い制と明朗な料金システムが特徴ですが、女の子の飲み物や、ビールなどは追加料金となることがあります。

キャバクラとは・・・

これも女性が接客するお店(酒場)を指すが、「キャバレー」+「クラブ」という内容であることが、その語源といわれています。キャバレーと同様、料金が時間制なのがその特徴で、会計システムは比較的わかりやすいです。接客する女性は、若くて素人的な雰囲気である場合が多いかもしれません。店内では女性とアルコール類を飲むだけであり、ショータイムがあるお店も存在します。

クラブとは・・・

一般にキャバクラよりも高級なお店です。キャバクラとの違いは、ママが存在することと、料金が時間制ではなく(お店によっては時間制のところも)席料+ボトルキープなどであったり、グループ営業スタイルです。(一人のお客さんに対し二人以上つく場合が多い)

スポンサードリンク

最近のコメント

    スポンサードリンク

    スポンサー様

    広告掲載募集中

    Copyright© 2010 東京スナック求人紹介所 All Rights Reserved.
    Top